一口30回噛むことはダイエットに効果的なのか(この差ってなんですか?H28/7/24放送)

租借回数.jpg

H28/7/24の「この差ってなんですか?」では咀嚼回数でのダイエット効果について!


昔から良く噛んで食べるように言われていましたが、医学的にも良く噛んで食べることはダイエット効果が。


●ダイエット効果がある理由●
●良く噛むことで脳からヒスタミンが分泌され、満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれる
●ノルアドレナリンが体内に多く分泌され、脂肪が燃焼されやすくなる



それでは一体何回噛むことが一番良いのか、女性9人で実験をしていました。
実験内容は、10回噛むチーム・30回噛むチーム・50回噛むチームにわかれ、一週間実験!!
体重や体長の変化などを報告


まず体調の変化としては、たくさん噛んで食べていると「お通じが良くなった」という人が何人か。


その理由を湘南美容外科クリニック 福澤見菜子先生が答えていました。

噛むことで唾液が多く出るんですけど、その中に消化酵素がはいっているので、胃や腸の負担が少なくなって便通が良くなったのかもしれないですね」との事。


あと、噛むことで食べる量も少なくなってきたと答える人も


<<一週間の実験結果>>
■一口10回噛むチーム■
体重・・・平均マイナス0.2kg
体脂肪率・・・平均プラス0.6%
小顔効果・・・変化ナシ

■一口30回噛むチーム■
体重・・・平均マイナス0.9kg
体脂肪率・・・平均マイナス1.0%
小顔効果・・・アゴから耳までの長さ、1.5㎝縮小!!
ほうれい線が薄くなった・・・唾液には成長ホルモンも含まれており、アンチエイジング効果がある。


■一口50回噛むチーム■
体重・・・平均マイナス1.5kg
体脂肪率・・・平均マイナス1.4%
小顔効果・・・アゴの筋肉が張って、小顔効果は得られなかった。



実験の結果、ダイエットと美容を考えると一口30回噛むのが一番良いということがわかりました

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック